skip to Main Content
  • languages logo

軍用機用カバー

航空機用保護カバー

エンジンの吸気口と排気口と並んで、戦闘機の天蓋(通常PMMA製)は航空機の重要な部分であり、適切に保護する必要があります。損傷を受けやすい部品を保護するために、Dickson PTLは、PMMAキャノピーに対するFOD(異物の破片)、気象影響(UV、砂、雪、氷、湿気)、および「クレージング効果」を防ぐための材料を設計しました。

クレージング効果とは? (CF FAQ)

ジェット戦闘機キャノピーカバー

PMMA キャノピー 特性

保護されてませんと、戦闘機キャノピーは物理的な物質(砂嵐、雹、異物の影響)や過酷な環境(湿度や塩分の多い環境)によって損傷を受ける可能性があります 。PVC製のキャノピーカバーはデフォルトで使用されることがありますが、このような用途にはお勧めできません。PMMAと相互作用することにより移動してキャノピーの視認性を悪くする可能性がございます。その為、カバーとなる素材の選択がカバーと同様に重要となります。

DICKSON PTL キャノピー カバー生地の特徴:

  • 摩耗しない「アンチ・クレージング 」 : 私たちの生地は内側が柔らかいため、キャノピーの摩擦とクレージング効果を避けます。
  • 耐熱性/耐寒性 生地
  • UV耐性生地

戦闘機の吸気口と排気カバー

保管とメンテナンスの間(そして製造中でも)、ヘリコプターエンジンの吸気口と排気口は次のものから保護される必要がございます:

  • 腐食
  • FOD (異物による損傷)

私達のカバーは下記の応用に特に適しております:

  • 耐熱性
  • 耐火性 : FAR25
  • ソフト コンタクト : 生地は表面を傷づけません。


要約

  • 主な応用:
    • キャノピー カバー
    • 吸気口と排気カバー
  • 生地の能力強さ¥ :
    • 耐熱性/耐寒性
    • 耐火性 (FAR25)
    • アンチ・クレージング
  • Dickson-PTL生地は、Dassaultのミラージュ 2000 & ラファール軍用機に採用されております。

お問合せ


* 必要な情報

クレージング効果とは?

PMMAのフロントガラスとキャノピーは、我々がクレージングと呼ぶものの影響を受けます。
クレージングは2つの効果から成っております:

1. 傷

カバーによる磨耗/摩擦 – カバーの品質が悪いと、PMMAの表面が磨耗して損傷します。キャノピーやフロントガラスがカバーなどで保護されていませんと、砂などの外的要素が表面を傷をつける可能性があります。これらの傷はパイロットの視認性及び快適性を低下させます。

2. 乳白色効果(Milky Effect)

フロントガラスまたはキャノピーが、PVC防水シートまたは非中性のコーティングされた生地で覆われた場合、化学変化が発生いたします。
PVCの防水シートには塩素と可塑剤が含まれており、これらはPMMAに移行し、この「乳白色」の効果が現れます。また、保管中にヘリコプターがカバーで覆われていませんと、食塩水の湿度が「乳白色効果」同じ影響を与える可能性があり、パイロットの視認性も低下させます。

カバーによる保護なしの状態

カバーによる保護なしの状態

Dickson ソリューション

Back To Top