skip to Main Content
  • languages logo

工業用熱防護

熱防護生地

Dickson PTLは、鋳造工場の労働者に最高の生地を提供するために、エンドユーザーと密接に協力しております。
当社の耐熱生地は、溶融金属飛沫の危険(鉄と非鉄の両方)に対して最適化されており、装着する方に快適と軽量さも提供いたします。

鉄鋼工場や製錬所などの冶金業界で働く作業者は、常に高輻射熱や致命的な高温の溶融金属の飛沫(溶鋼、溶融アルミニウムなど)などの脅威に晒されております。溶鉄の温度は1600℃近くあり、これは火山から流れ出る溶岩よりも高温です。

REFLESPACE(レフレスパス) は、工業用熱防護に特化した生地で、快適と軽量さも備えた輻射熱や対流熱、および偶発的な溶融金属飛散に対する最良の保護を提供いたします。

弊社のガイドラインは「安全性」ですが、適切な個人用防護具が作業効率を高める鍵であるため、着心地さも重要と考えております。

アルミ加工生地 –REFLESPACE(レフレスパス)技術 : 安全性と快適性を折中した生地

REFLESPACEは、Dickson PTLによって開発された独自のラミネート技術で、基布100%純粋なアルミニウム層でアルミ化処理することによって、溶融金属の飛散に対する生地の保護を大幅に強化しました。インターフェースとしてポリエステルフィルムをラミネートした通常のアルミ生地と比較して、当社のREFLESPACEは、軽くしなやかでありながらピーク温度に対する高い耐性(ISO 11612、D2およびE3レベル)も保障します。

REFLESPACE(レフレスパス)技術VS 他社技術

REFLESPACE 技術 一般標準のアルミ加工生地
(ポリエステルフィルム入り)
重量 軽い 重い
柔軟性 柔らかい 硬い
溶融金属飛沫(780°C)
ISO 11612 – D
アルミ加工生地で熱を
ブロック

熱がアルミ加工生地を浸透した

REFLESPACEはISO 11612にどのように準拠していますか?

REFLESPACEは、ISO 11612工業用熱防護服に準拠しています。 溶融金属飛沫(D3、E3)

如何にREFLESPACE 技術が毎日のお仕事のお手伝いをしますか?

より安全な仕事環境

  • 炎、熱または溶融金属と接触しても溶融または燃焼しないFR材料
  • 鉄系および非鉄系の溶融金属飛沫耐性
  • ISO 11612工業用熱防護服の認証に合格した材料

経済的選択

  • 耐摩耗性と層間剥離に対する優れた耐性により、PPEの寿命を延長
  • クリーンガード塗工技術: 汚れを拭き取りやすい.

快適な着心地

  • 無臭
  • 人間工学に基づいた柔軟性
  • REACHおよびRoHSに準拠

推奨業界:

  • 鋼鉄鋳造所
  • アルミ鋳造所
  • セメント工場
  • ガラス工場
  • 鉄系/非鉄系鋳造工場


要約

  • Dickson PTL は、REFLESPACE 技術で以下の最高レベルの保護を提供できるPPE素材を開発
    • 非常に高い輻射熱耐性(最大で C4)
    • 溶融アルミニウム飛沫に対する耐性 (最大でD3)
    • 溶融金属の飛沫(最大でE3)
    • ISO 11612規格に準拠した材料性能
  • 労働者の快適さを損なうことなく
    • 軽量な製品
    • 人間工学的、しなやかで無臭

お問合せ


    * 必要な情報

    Dickson ソリューション

    Back To Top
    COVID-19 INFO: Despite the confinement in France, Dickson PTL will still operate normally. Please feel free to contact us for any question.