skip to Main Content
  • languages logo

レーザー切断機用ジャバラ生地

ジャバラ生地

レーザー切断機技術(CO2、光ファイバー)は、産業機械加工(より速く・より良く)に関して新しい可能性をもたらしますが、保護と安全性に関してもより高い基準を必要とします。Dickson PTLは、耐火性と耐熱性に重点を置いて、レーザー切断機専用のさまざまなジャバラ生地を開発しました。

耐火性/ 難燃性レーザー切断機用カバー

レーザービームガイドウェイジャバラ

ビームジャバラは、光ビームを“切断プロセス中に発生するほこりや熱い金属片”から遮蔽するために、CO2レーザー加工機で使用されております。この用途のために、燃焼穴がカバーを損傷するのを防ぐ為にPUR(網状ポリウレタン)難燃性生地を開発しました。生地は、溶接(高周波、熱)可能で、容易に折り畳むことができ、そして優れた機械的強度を持ち合わせております。

レーザー加工機サイドカバー

ビームジャバラの他に、レーザー切断機には、埃や熱い鉄屑からモーションガイドを保護するためにサイドカバーも必要となります。たとえ要求がビームジャバラほど厳しくないとしても、熱い鉄屑がジャバラを燃やしてしまう危険性を軽視してはなりません。
弊社のレーザージャバラ生地は、安全に使用できることを保証するためにEUの火災基準に準拠しています。

弊社は、あらゆる応用に使用頂けますよう難燃性から耐火性まで、さまざまな厚さと耐火性レベルのPURコーティング生地を提供いたします。


要約

  • Dickson-PTLの生地は、世界最高水準の下記条件を備わっております
    • 耐火性
    • 耐高温性
    • 機械的強度

お問合せ


* 必要な情報

Dickson ソリューション

Back To Top