skip to Main Content
  • languages logo
ラジアルタイヤのブチルインナーライナー

ラジアルタイヤのブチルインナーライナー

ブチルインナーチューブはタイヤの重要な部位です。この薄い層はより良い膨張圧力保持を提供し、燃料効率の重要なポイントである転がり抵抗を減らすのに役立ちます。 また、タイヤの耐摩耗性を高め、寿命の延長にも役立ちます。

 

タイヤ製造業界は、大きな変化に直面しています。インナーライナーもまた、新しい技術の進歩に影響されております。 現在インナーライナーを製造する際に最も広く使われる押出し方法はホットフィード式です。 この方法では、ブチルゴムの多孔性が高くなる傾向があり、気体の漏れや脆弱性が発生しやすくなります。

 

新しい工場は、コールドフィード式によるブチルゴム押出に切り替える傾向にあります。 この方法は、より高い気密特性を提供すると同時に、インナーライナー層の厚さを減らすことを可能にします。

 

この薄いインナーライナーには下記の利点があります。

  • 不透過性の向上による転がり抵抗の向上
  • 軽量化により、燃料効率が全体的に向上
  • 製造工程でのブチルゴムの使用量の削減による製造コストの削減

 

ただし、製造業者はこのような高度な材料の厚さと粘着性を完全に制御する必要があるため、コールドフィード式の導入は困難です。

 

これが、弊社がインナーライナー専用ライナーを開発した理由です。当製品は優れたリリースを保証し、製造プロセス中のインナーライナーの変形を防止します。

私たちのライナーは、粘着問題と伸縮性を減らし、通常のテキスタイルの制約から解放するように設計されています。

コーティングされたライナーの表面は、ブチルゴムとの優れた剥離性を可能にします。それにより不具合品を減らし、破損した材料が製造工程に流れ込むのを防ぎます。

製品についてもう詳しく知りたい? 

 

または

 

Back To Top
COVID-19 INFO: Despite the confinement in France, Dickson PTL will still operate normally. Please feel free to contact us for any question.