skip to Main Content
  • languages logo

DICKSON PTL (Plastique Textile Lyonnais)

会社概要

会社案内

PTL(LyonのPlastic&Textile)は1948年にフランスのLyonで設立されました。 同社は、1988年にDICKSON GROUPに加わった後、DICKSON PTLに社名を変更しました。そして1998年、GLEN RAVEN(USA)社は、DICKSON GROUP を買収し、DICKSON PTLはGLEN RAVEN(USA)の傘下に加わりました。

現在、Dickson PTL は、樹脂塗工技術をベースに耐熱、防火、剥離、耐磨耗性の機能を持つ素材に対して強いノウハウを持っている高機能生地加工メーカーです。

リヨン近郊にある当社の工場は、ポリウレタン、シリコン、軽量PVC 樹脂を使った
コーティング加工を行っております。ラミネーションプロセスにおけるノウハウとの組み合わせにより、私たちはその生地のパフォーマンスで世界中のさまざまな業界に幅広い技術的なファブリックを提供しております。

当社の技術的専門知識は、お客様より認められております。お客様は生地の性能だけでDickson PTLを選択したでなく、技術的な問題に対する解決策を一緒に探求し、ニッチなアプリケーションにおける私たちの専門知識もDickson PTLを選択した理由の一つと確信しております。

キーポイント:

3500人の従業員(グレンレイブングループ含む)
DICKSON PTLの売上高の90%は輸出販売による
年間売上高の20%は新製品による

Dickson PTLの成長エンジン

当社の成長エンジンの鍵はイノベーションです。イノベーションを通じて、Dickson PTLは、様々なオリジナル生地を開発しました。お客様の作業環境の改善と作業員の安全保護する目的で幅広い素材の種類を提供しております。

当社の主な4つのターゲット:

  • ゴム製造業
  • 機械保護装置
  • 熱保護
  • 航空宇宙

当社のエンジニアは、国際実験室と提携して一年中商品開発及び商品改善を行っております。「より精密、より環境に優しく、より寿命を長く」が当社が目指している目標でございます。顧客に満足いただける品質を提供するために、DICKSON PTLは、最新の開発技術を取り入れるめに常に最先端の生産ツールに投資し続けてきました。

長年の品質

DICKSON PTLの品質スタンダードは世界的に認められております:テクニカル・テキスタイル分野の基準であるDickson PTLは、開発社かつ製造社でもあり、生地の全生産工程は社内工場にて行っております。品質管理は、当社事業の不可欠な部分です。私たちの工場で生産された1平方メートルの生地は、社内の一連の試験を受けます。 その厳しい基準を持って製品の品質保証しております。

また、お客様に身近なサービスを提供するため、DICKSON PTLは各エリアに拠点を設置しました(ヨーロッパ、アメリカ、アジア)。セールスはもちろんですが、テクニカルサポートも提供しております。

環境への取り組み

持続可能な成長は、環境にとっても持続可能でなければならないと強く信じております。
私達は私達のプロセスと私達の製品に関連する二酸化炭素排出量をできるだけ減らすことを約束致します。
このように、Dickson PTLは効率的で長持ちする生地を設計し製造しております。 当社の製品は、REACHやRoHSなどのヨーロッパの規制すべてに準拠しております。

Reach
rohs

さらに詳しい情報は、お問合せください

Dickson ソリューション

Back To Top
COVID-19 INFO: Despite the confinement in France, Dickson PTL will still operate normally. Please feel free to contact us for any question.